概 要

▼Q:新型インフルエンザって何のこと?

●Answer:インフルエンザウイルスが「変身」する性質を持っているということは、前に述べました。新型インフルエンザとは、簡単にいえば、それまでにはない大変身をとげたウイルスのことです。インフルエンザの実体像

1997年には、香港で新型インフルエンザ発見のニュースが、またたく間に世界中を流れました。新型インフルエンザが特に恐れられるのは、私たちがそのウイルスに対する抗体を全く持っていないため、世界的な大流行が危倶されるからです。

幸い、この香港で発見された新型インフルエンザは、人から人への感染が確認されないまま、終息宣言が出されました。しかし次またいつ恐ろしい新型ウイルスがあらわれてもおかしくありません。

▼Q:インフルエンザに襲われやすいのはどんな人?

●Answer:インフルエンザに襲われやすい人たちのことを「ハイリスクグループ」といい、高齢者や乳幼児、妊産婦などがこれにあたります。ハイリスクグループの人々は、合併症を起こしたり、インフルエンザがきっかけで持病を悪化させてしまう危険性が高いので、特に注意が必要になります。

ハイリスクグループには、以下のような人たちがあてはまります。

●高齢者(65歳以上)高齢者乳幼児
●乳幼児
●妊産婦
●呼吸器の病気を持つ人
(気管支喘息、慢性気管支炎、肺結核など)
●心臓の病気を持つ人
(僧帽弁膜症、うっ血性心疾患など)
●腎臓の病気を持つ人
(慢性腎不全、血液透析患者、腎移植患者など)
●代謝異常の病気を持つ人
(糖尿病、アジソン病など〕
●免疫不全状態の患者
●養護施設等に入所している慢性の病気をもつ人
●医療、保安、交通の仕事に従事する人

▼Q:解熱剤を使用しても良いの?

●Answer:インフルエンザは高熱が出るため、解熱剤で熱を下げたくなりますが、むやみに使用するべきではありません。発熱は、ウイルスを増殖させまいとする体の正常な反応だからです。

現在、開発は続けられているものの、直接ウイルスを殺す薬はまだありません。解熱剤を含め、私たちが飲んだときに「効いた」と思う薬は、あくまで不快な症状をやわらげる効果を持っているにすぎないのです。ですから、38.5℃以上の高熱が続くなどして、体が著しく衰弱しているときにのみ使うようにしましよう。

いずれにしても、個人で使用を考える前に、まずは医師とよく相談してください。

▼Q:予防接種は本当に効くの?

●Answer:予防接種は、完全にはインフルエンザを予防できませんが、かなりの有効性が確認されています。また、かかっても症状が軽くすむという効果があります。

この「症状が軽くすむ」という効果は、重症化しやすい高齢者や乳幼児には生死を左右しかねない問題ですので、特に重要です。実際に高齢者のワクチン接種者は、非接種者にくらべて肺炎で死亡する率が約3分の1に減っているという報告もあります。

以前は「よくワクチンの型が外れるので、あまり効果がない」というようなことも言われましたが、最近は研究も進み、予測はほぼ的中しています。

▼Q:予防接種の副作用は?

●Answer:予防接種の副作用で最も多くみられるのは、接種箇所の痛みです。ついで発熱や不快感、筋肉痛などがありますが、いずれも症状は軽く、1~2日でおさまるのがふつうです。

しかしながらアレルギー体質者の場合には、事前に医師とよく相談のうえで予防接種を受ける必要があります。特に「卵アレルギー」の人たちは、副作用を起こす可能性が非常に高いので、医師の許可なしに受けてはいけません。卵アレルギー

これはインフルエンザ・ワクチンの製造過程で卵が使われているためです。

自分がアレルギー体質かどうかは、パッチテストなどでわかりますので、不安のある方は医師に申し出るとよいでしょう。


主症状

インフルエンザ症状


新型インフルエンザ発生に伴い、機内検疫のため到着ゲートに向かう検疫所の職員ら

Basic Question about Influenza

Q:普通の季節性インフルエンザとは何なの?

●Answer:毎年冬場の2月をピークに1月~3月に流行するインフルエンザです。ウイルスの型によってA型、B型、C型があります。 A型とB型がヒトのインフルエンザの原因になります。 C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になりC型インフルエンザと呼ばれますが、毎年世界的な大流行を起こす一般的な生活の中で呼ばれるものとは症状や原因ウイルスの性状の点でも差異が大きいです。

Q: 新型インフル工ンザとは何なの?

●Answer:ヒトからヒ卜へ感染する、これまで発生したことのない新型のインフル工ンザのことです。弱毒性の豚インフル工ンザ(H1N1型等)から変異する可能性が高まっています。全ての人が免疫を持っていないため急速に流行すると考えられています。日本国内で流行した場合は、入院患者200万人、死亡者64万人と厚生労働省は推定し、社会生活に大きな影響がでることが予想されます。

Q:インフルエンザ感染の経路は、どうなっているの?

●Answer:インフル工ンザ・ウイルスは感染力が極めて高く、ウイルス粒子は主としてくしやみや咳によって生じる飛沫に含まれ、1~2メートル浮遊し、感染していない人が吸い込むことによって感染します。 咳(せき)からは約10万個、くしやみからは約100万個のウイルスが周囲に広がります。多くの人々が生活する都市部、接触の機会が多い公共交通機関などは感染の危険が高くなります。 新型インフル工ンザはまだ発生していないので、この段階で主な感染経路は特定できません。

Q: 遺伝子の変異とは何のこと?

●Answer:遺伝子が定型のウイルスであれば、効果的なワクチンの生産も可能となり、その接種により人体内に免疫が生じる可能性があります。 しかしインフル工ンザ・ウイルスはそれ自体の遺伝子が変異していくタイプなので、性質の異なる新型・亜種のインフル工ンザ・ウイルスが次々に発生し、それによって新たな感染が始まります。そのため、既存のワクチンでは、新型ウイルスに対抗できません。 インフルエンザは次々と変異するタイプのウイルスです。

Q:パンデミック(pandemic)とは何なの?

●Answer:世界的大流行病のことです。 1918年のスペインインフルエンザでは、世界中で4000万人が死亡しました(8000万人ともいわれています)。 スペインかぜ(インフルエンザ)は、第一次世界大戦の戦死者数をはるかに上回る死亡者を出しました。このウイルスも、鳥由来のウイルスが変異したものです。また、その後も1957年のアジアインフル工ンザで200万人1968年の香港インフル工ンザで100万人が死亡するなど、パンデミック(世界的大流行)がくりかえし発生しています。最後のパンデミックからすでに40年経っており、次の大流行はいつ起こっても不思議ではありません。 スペインインフル工ンザでは、当時の人口約18億人のうち、約3分の1以上にあたる6億人以上が感染したと言われています。また、現在のH5N1型烏インブル工ンザと同じく、10~30代以下の死亡率が際立って高いのも特徴です。このパンデミックによって当時の平均寿命が10年短縮したとも言われています。また日本では、38万人から45万人が死亡したとの報告があります。

新型ウイルス対応についての質問

Q:新型インフルエンザにタミフルやリレンザは有効なの

●Answer:タミフルタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬を投与すると、ウイルスの量は減少して、十分な治療効果があることがわかりました。

Q: 一度感染したら、もう二度と感染しないの

●Answer:ウイルスの遺伝子が変異しなければ、一度感染すればその後は感染しないです。ただし、ウイルスの変異によっては再び感染する可能性があります。どの程度変異するかは、現時点では不明です。

Q: 自宅療養中は、横になって絶対安静なの

●Answer:しっかりと休息を取ることは重要ですが、寝たきりにはならず、家の中では体調に合わせて普段どおりの生活をしましょう。ただし、家族が集まる居間などには、なるべく行かないようにしましょう。 お風呂も体調と相談しながら入ってよいです。ただし、ほかの人に感染させないためにも、いちばん最後に入るなどの工夫をしましょう。なお、感染者の衣類の洗濯や食器洗いも普段どおり一緒でOKです。

Q: マスクはどのタイミングで着用すればいいの

●Answer:マスク咳をしている場合のエチケットとして、不織布製マスクを装着することは重要です。健康な人が患者と対面するような場でも不織布製マスクの着用は推奨されています。周囲2㍍以内に感染者がいない場ではあまり必要はないです。満員電車などで、周りに感染したような人がいたら、念のため着用するとよいかもしれません。ただし過信はしないことと、マスクは使い捨てにすることが大事です。

Q: 私は風邪一つ引いたことがないの。自分は無縁なの

●Answer:そういう健康な人でも、新型インフルエンザには感染する可能性はあるし、リスクのない人でも重症化する可能性はあります。ただ、事前に予測することは困難です。 ぜひ、感染予防行動の実践をしてほしいです。

Q: 家族に感染者が出た社員は出勤停止なの

●Answer:家族がインフルエンザに感染したとしても、特に本人に症状がなければ出勤してもOKです。ただし、発症するときは比較的急速なので、発症したらすぐに帰宅できるよう配慮をしましょう。 また、濃厚接触者であっても症状がなければ職場でのマスク着用は必要ありません。

Q: 発熱したがインフルエンザの迅速診断は陰性です。出勤しても大丈夫なの

●Answer:医療機関のインフルエンザ検査では、鼻やのどから検体を採って迅速診断するキットが用いられます。でも、その精度は十分ではなく、感染していても見逃してしまう例が半分くらいあるといわれています。そのため、38度以上の発熱などの症状があれば、感染させる可能性があるので、出勤しないことです。 ちなみに新型インフルエンザに感染したかどうかについては、正確にはPCR検査という遺伝子を特定する検査が必要です。現段階のようにすでに流行が蔓延している時期には、迅速診断キットやPCR検査を行わずに、症状で判断することも多いです。もし受診してこれらの検査がされなかった場合でも、こうした特殊な状況を考慮し、クレームは避けてほしいです。

Q: 妊娠中なので、外出は控えたほうがよいの

●Answer:妊婦に限らず糖尿病や、呼吸器系の慢性疾患、心疾患、腎疾患などの患者は感染すると重症化する可能性が高いです。過度な不安は必要ありませんが、感染リスクの高い不特定多数の人がいる場所にはなるべく行かなくて済むよう工夫をしてください。ちなみに妊婦でも、妊娠後期がリスクが高いです。

Q: 平熱に戻ったので明日から出勤するつもり

●Answer:日本では、学校保健安全法で季節性インフルエンザの場合、「出席停止は解熱後2日経過するまで」、と記されていることもあり、この基準が多く適用されています。 ちなみに米国(USA)では、「解熱後24時間経てばよし」、とされています。最終的には会社ごとで判断してほしいです。

Q: 社長の鶴の一声で空気清浄機を購入。これで感染対策はバッチリなの

●Answer:新型インフルエンザ対策として、空気清浄機が一般的な職場に必要かどうかについては、明確な根拠がないです。感染者は出勤しないようにし、手洗いを励行するなどの基本的な対策は必要です。 また社長や役員の独断専行で対策が混乱することがままあります。経営者の積極的な関与は不可欠ですが、いらぬ混乱を避けるために、事前に担当者と相談をしましょう。

Q: 同僚が感染して今日から休み。当人の机などをどう扱えばいいの

●Answer:環境中に存在したウイルスを含んだ飛沫は一般的に長くて8時間程度しか感染力を維持しないです。 電話実際には、1日程度その机や備品をなるべく触らないようにし、電話機も共用しないようにするとよいです。共通のパソコン端末などは軽くふき掃除ぐらいしておけば大丈夫です。

Q&Aの最終更新日 : 2012-12-14