漢方では「未病」ととらえます!
心血管障害の危険因子であるメタボ。


概 要

▼メタボリックシンドローム(Metabolic Syndrome)

内臓脂肪症候群。内臓に脂肪がたまるタイプの肥満に、脂質異常、血圧高値、高血糖などの複数の健康リスクが重なった状態を指します。
日本内科学会や日本動脈硬化学会など8学会が協力して、2005年4月、国内での診断基準を公表しました。
①「肥満」の基準は男性でへその周りのウエスト(腹囲)が85cm以上、女性で90cm以上、
②「脂質異常」は、血中の中性脂肪値が150mg/dl以上か「善玉」といわれるHDLコレステロールが40mg/dl未満、
③「血圧高値」は最高血圧が130水銀柱ミリメートル(mmHg)以上か最低血圧が85水銀柱ミリメートル(mmHg)以上、
④「高血糖」は空腹時の血糖値が110mg/dl以上。
①の腹囲に加えて、②~④のうち二つの基準を満たす場合に、メタボリックシンドロームと診断されます。


治 療

●食事(特に夕食)の量を腹八分目に
●間食はしない
●味付けは薄めに
●料理に砂糖をあまり使わない
●緑黄色野乗を毎日食べる
●生クリームやバターは控えめに
●運動習慣を身につける(毎日30分以上、少し汗をかくように歩こう)
●お酒は1日2合以下、週に2日間は休肝日を設けよう
●タバコはやめる
●ストレスを上手に発散する



食 養

食養メタボリックシンドローム-Top-対応の方は、次の食材を積極的にお召し上がりください。

肉 果物 野菜 温野菜 魚

食物繊維が多い食物

玄米、そば、あわなどの雑穀類、昆布、わかめ、ひじき、海苔などの海藻類、しいたけ、えのきたけ、なめこ、マッシュルームなどのきのこ類、ごぼう、大根、たけのこ、かぶ、ニンジンなどの根菜類、小松菜、バナナ、山査子、ピーマン、パプリカ、こんにゃくなど

利尿効果が高い食物

緑豆、春雨、冬瓜、はと麦など

血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす食物

さんま、さば、いわし、あじなどの青魚類

老廃物を排泄

烏龍茶、プーアル茶、はと麦茶、杜仲茶、どくだみ茶など


暮しの養生

薬膳

運動と食養生で、内臓脂肪蓄積を改善!

内臓脂肪はどうして蓄積してしまうのでしょうか?。生活の悪習慣が、メタボリック・シンドロームの体質を作る根本の原因ですよ!。

主なものとしては、
①食の悪習慣
②運動不足
③ストレス
が考えられますね。

これらの原因によって、脂肪やコレステロール、余分な水分などが体内に蓄積し、新陳代謝が妨げられますよ!。

新陳代謝が滞ると、血液がドロドロになり、血栓などができやすくなってしまいます。

日頃の生活の注意点として、ストレスをうまく発散して暴飲暴食や、お酒を控えめに。タバコを止め、肉や脂っぽいもの、チョコレートや生クリームなど脂質と糖分の多いもの、果物、炭酸飲料の摂りすぎは禁物ですよ!。

さらにコレステロール値の高い方は、卵の黄身や魚卵などを控えましょう。

中医学では内臓脂肪の蓄積の原因は、主に気・血・水の巡りが悪くなったり、気虚によって消化機能が低下することと関係があると考えられていますね!。

食養生の対策としては、食物繊維の多い穀物やきのこ、根菜類、利尿効果の高いお茶や、EPAとDHAが豊富な青魚類をとることがおすすめです。

食事は食べ過ぎを抑えるようによく噛んで食べ、毎日運動するよう心がけて、身体に溜まった余分な水分や老廃物を積極的に排出することが大切ですよ!。