ページの最後へページの最後へ »

耳鳴と難聴は聴覚に異常が起きる病証です。耳鳴とは、外界に音がないのにある種の音が聞こえるように感じるものをいいます。

臨床的には、単側耳に起きる場合もあるし、両側耳共に発症する場合もあります。中医学の古典には、"脳鳴"'、"苦鳴"、"輝鳴"、"耳数鳴"、"耳虚鳴"、"暴鳴"等の病名記載があります。

難聴とは、聴力の減退のことをいい、ひどい場合は外界の音が聞こえなくなり、「耳聾」、「重聴」とも称されています。

耳鳴と難聴とは密接な関係にあります。耳鳴は難聴の前兆症状であり、難聴の軽症で、難聴は耳鳴の重症とも考えられます。両者の病因病機、治療方針および処方は、ほぼ同じであります。

現代医学の伝音難聴、感音難聴、神経性耳鳴・難聴、突発性難聴、メニエール病、中耳炎などによるものは、本病証の弁証論治を参考に治療すると良いです。


概 要

老化にともないます

腎は精を蔵し、精は骨髄に変化します。髄は脳を満たし、耳の機能を維持します。「腎は耳に開竅鼓します。」

虚弱体質あるいは病後の精血不足・性生活の不節制などによって腎精・腎陰が消耗されると、髄海である脳または腎竅である耳の栄養が不足し耳鳴・耳聾が発生します。

「精脱耳聾、液脱耳鳴」(精が脱すると耳聾となり、液が脱すると耳鳴となる)『黄帝内経霊枢』

腎虚によって生じる耳症状は、聴力が徐々に減退していく耳聾が多い。

更年期には、腎陰が不足して心火を抑えることができない「心腎不交」による耳鳴・耳聾が現れることがあります。

中医学では、「腎は耳に通じる」と考えられています。これは、腎に蓄えられる「腎精(生命のエネルギー源)」が充実していれば、耳にも十分にエネルギーが行き届き、しっかり聞こえる良い状態が保たれるということです。ところが、腎精は加齢とともに自然と衰退していくため、高齢になると難聴や耳鳴りなどが起こりやすくなるのです。

こうした不調は老化症状の一つで、年を重ねれば誰にでも起こることです。ストレスを溜めると症状の悪化にもつながるので、あまり深刻に悩まないことが大切です。

腎の養生で老化をゆるやかにしながら、身体の変化と上手に付き合っていきましょうね。


主症状

【主症】次第に起きる耳鳴・難聴、耳鳴音が低く細い、耳を按じると軽減します、過労や夜間に増強します。

【随伴症】めまい、腰のだるさ、遺精、不眠。

「ジー」「ザー」といった低音の長い耳鳴り(夜間に多い)、難聴、めまい、症状の長期化

身体のサイン
腰痛、物忘れが多い、舌の色が淡い


治 療

【証候分析】

●次第に耳鳴・難聴になる、めまい、夜間の増悪…腎の陰精不足により脳海が空虚となり、耳竅を栄養できないからである。

●耳鳴音が低く細い、耳を按じると軽減する、過労で増悪する…虚証の耳鳴の特徴である。

●腰のだるさ…腎虚の症状である。

●遺精、不眠…陰虚による内熱が、精室・心神に影響を及ぼすからである。

●舌質紅、舌苔少、脈細数…陰虚内熱を意味する。


●治療原則:補腎益精・滋陰清熱


腎精を補い、虚熱を清め、耳竅を滋養し、耳鳴や難聴を改善します。


使用漢方薬

次の漢方薬が、耳鳴り・腎精虚損・に対してよく効く可能性が高いです。

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 商品情報 買物カゴ ご案内

処方名:六味丸(六味地黄丸)

ツムラ 六味丸 エキス顆粒(医療用)
shopping ツムラ 六味丸 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0698 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0826 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

区切り

処方名:耳鳴丸

ジメイ丸
shopping ジメイ丸のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k1167 360丸(20日分) 4,860円(税込)
数量

区切り

処方名:八味地黄丸

ツムラ 八味地黄丸 エキス顆粒(医療用)
shopping ツムラ 八味地黄丸 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0622 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0750 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

区切り

処方名:杞菊地黄丸

JPS 杞菊地黄丸
shopping JPS 杞菊地黄丸のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k1743 46包(15日分) 4,644円(税込)
数量

区切り


区切り線

舌 質


紅

区切り線

舌 苔


少

区切り線

脈 診

細数 細数


区切り線

食 養

肉 果物 野菜 温野菜 魚

腎を養い、耳の状態を健やかに
●ごま
●くるみ
●桑の実
●クコの実
●黒豆
●豚マメ(豚の腎臓)


区切り線

備 考

誰にでも起こること。あまり気にせずリラックス

腎の陽気は体内すべての陽気の大元。源となっているのが、生命のエネルギー源である「腎精」です。年齢を重ねると腎精は自然に衰退していくため、腎の陽気も不足しがちに。すると、「耳の働きは体内に陽気が満ちている状態で安定する」ため、耳にもさまざまなトラブルが現れるのです。

このタイプの症状は主に老化が原因となりますが、程度の差はあれ、これは誰にでも起きること。あまり気にしすぎず、リラックスして過ごすことが大切です。腎を養うことはさまざまな老化現象への対応にもなるので、いつまでもイキイキと過ごせるよう養生を大切にしましよう。



区切り線