ページの最後へページの最後へ »

●朝は胃腸を整える「藿香正気散」、夜は陰陽バランスを整える「生脈散」を推すすめします。中国では一般的な、夏の健康習慣です。


概 要

暑邪

元気な夏を過ごす暑さ対策。
厳しい暑さが続く夏は、一年を通じて最も体力を消耗しやずい時期です。この季節を元気に過ごすためには、なにより日頃の健康管理が大切です。ここでは、夏の体調不良を4つの体質(証)に分けて、養生法を紹介しましょう。
暑邪で気を消耗します。
夏の極端な暑さは、暑邪となって体内に入り込み、気を消耗させます。とくに日本の夏は高温多湿で、湿邪も消化吸収にかかわる脾胃の機能を低下させて、気の不足を招きます。
夏バテは次の2つの体質(証)に大別できます。
1つめは、梅雨どきから体調が悪くなる体質(証)。もともと胃腸が弱い人に多く、湿邪が脾胃にとりつくために、津液を排出する機能が低下し、不必要な水分が体内にたまります。体調が悪く夏中ゴロゴロしてすごします。食欲が低下して夏やせするのも、この体質(証)です。
もう一つは、夏の間は元気に活動していて、秋口にガクッと体調をくずす体質(証)です。夏の暑さにより、気と陰液を消耗するのが原因です。陰液とは、体の熱を冷ます体液のことです。そのため、体内の熱をさばききれず、体調をくずしてしまうのです。自分がどちらの体質(証)になりやすいかを自覚して防御策をとり、暑い夏もイキイキと元気にすごしましょう。
暑さからくる夏特有の体調不良は「暑邪」が原因です。暑邪は自然界から入ってくる邪気「六淫」の一つで、この邪気に身体が侵されるのは高温多湿の夏だけです。
陽邪であり、「炎熱」の性質を持つ暑邪が身体に入ると、熱で頭が働かずボーつとしたり、皮膚の弱い人は赤みが強く出て悪化したり、ひどく汗をかいたり、といった影響が現れます。中でも、汗のかき過ぎには要注意です。中医弁証学では、汗を身体をみずみずしく保つ津液(水)の一つと考えています。汗をかき過ぎると、津液とともに「気(エネルギー)」も消耗してしまうため、倦怠感や息切れといった体調不良につながるのです。
また、身体の水分が失われると血液が濃縮し、「心」にも大きな負担がかかります。汗のかき過ぎによる動悸やめまいは、心への障害です。症状が重くなると心不全など重大な病気を引き起こすこともあるので、十分注意してください。
もう一つ、夏に気を付けたいのは「脾胃」の不調。高温多湿の日本の夏は、暑邪とともに「湿邪」が侵入することも多くなります。
そのため、湿気に弱い脾胃の機能が弱くなり、食欲不振や下痢、夏痩せといった症状が現れるのです。
このように、夏の暑さ対策は「」と「脾胃」がポイントとなります。夏の疲れや体調不良を秋に残さないよう、日頃の食事や過ごし方に気を配り、しっかりと予防、対応しておきましょう。


区切り線

治 療

暑邪

もともと脾や胃が弱く、湿の邪が入り込み、消化吸収の邪魔をして、体調をくずします。

あなたの症状にあった証を次の4つの中から選択・クリックして下さい。
●梅雨から食欲が低下→リンク夏バテ・食欲低下(湿困脾胃) »

夏の暑い時期にがんばりすぎて、暑さによる気の消耗が激しく倒れてしまいます。
●秋に疲れが出る→リンク夏バテ・体調不良(気陰両虚) »

夏や梅雨など湿気の多い時期によく起きるのが、湿邪が原因の風邪です。
●下痢や吐き気がある(暑湿)→リンク夏バテ・夏風邪(暑湿(夏の風邪)) »

暑熱タイプの体調不良は、炎天下など暑さの強い場所に長くいることが原因です。
●熱の影響が強い(暑熱)→リンク夏バテ・炎天下(暑熱) »


区切り線

使用漢方薬

次の漢方薬が、夏バテ・目次・に対してよく効く可能性が高いです。

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 商品情報 買物カゴ ご案内

処方名:六君子湯

脾気が不足した病態で、機能不足に相当します。
ツムラ 六君子湯 エキス顆粒(医療用)
shopping ツムラ 六君子湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0656 2.5g×42包(2週間分) 6,002円(税込)
数量
k0784 189包(63日分) 22,781円(税込)
数量

区切り

処方名:胃苓湯

燥湿・理気・和胃の「平胃散」に、利水・惨湿の「五苓散」を加えた処方でです。

「平胃散」は芳香化湿の作用で、湿邪が脾胃に停滞した悪心・胃痞・胃重・食欲不振などの胃の不調を和らげます。

「五苓散」は利水作用で、水湿停滞による下痢を治療します。

両剤の併用で、特に夏・秋に多い暑気あたり・食あたりによる下痢、あるいは冷房・冷飲による水様便を治療します。

ツムラ 胃苓湯 エキス顆粒(医療用)
shopping ツムラ 胃苓湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0725 42包(2週間分) 5,454円(税込)
数量
k0853 189包(63日分) 20,700円(税込)
数量

区切り

処方名:清暑益気湯

益気健脾・清暑燥湿

長夏の湿熱によって生じた四肢倦怠・発熱・自汗・食欲不振・尿量減少・軟便などの症状を治療する処方です。

補気薬と養陰薬を併用して、体内の気陰を補益します。

前述した「生脈散」の成分も入っているので、心の保護を図ることも期待できます。
黄柏は清熱燥湿の効能をもち、処方中、体内の暑邪と湿邪を同時に除去するのは、唯一黄柏のみです。
夏バテ・夏やせの予防に毎日服用してもさしっかえないです。

ツムラ 清暑益気湯 エキス顆粒(医療用)
shopping ツムラ 清暑益気湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0742 42包(2週間分) 6,330円(税込)
数量
k0870 189包(63日分) 24,084円(税込)
数量

区切り

処方名:生脈散

益気・生津・止汗・生脈

本方剤は気陰両虚の病証を治療する処方です。

処方名は気の推動機能を強めると同時に、脈中の津液を増加して、脈を回復させるという意味をもちます。

人参は不足している気を補益し、固脱作用によって汗の流失を抑え、虚弱脈の根本を治療します。

麦門冬は甘寒の性味があり、体内の陰津を補う肺薬で、夏のカラ咳に効果があります。

五味子は酸味によって汗を収敵すると同時に、安心作用もあります。

3薬は違う角度から心と肺の症状を治療しながら守っているので、夏の疲労回復・心不全の予防に適します。

作用は穏やかで、心の機能が弱く、夏に不安を感じる人は毎日1回の服用で、心を守る効果が期待できます。

生脈宝 エキス細粒
shopping 生脈宝 エキス細粒のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k1153 2g×60包(20日分) 6,480円(税込)
数量

区切り

処方名:藿香正気散

解表・化湿・理気・和中

温病の中で湿病治療に最もよく用いられます。

表寒裏湿証を治療する主方で、表に停滞している邪を発散しながら、体内の湿濁邪気を除去します。

中国でも、夏かぜ・胃腸型感冒・暑気払いによく用いられます。

香りがよくて飲みやすく、夏ばて予防に毎朝服用してもかまいません。

カッコーサン
shopping カッコーサンのお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0086 60錠 1,728円(税込)
数量
k0087 180錠 4,644円(税込)
数量

区切り

処方名:黄連解毒湯

熱毒が非常に亢進した病証を治療する処方です。

旺盛な熱邪によって生じる発熱・心煩・不眠などの心火上炎の症状を治療します。

組成が簡潔なので、裏熱証に広く応用できます。皮膚の擁腫庁毒に用いる主方でもあり、夏の皮膚の化膿性疾患、例えばとびひなどの症状にも使用できます。

清熱解毒と同時に燥湿作用もあるので、食中毒による下痢などの湿熱毒の症状に対しても主方となりますが、乾燥作用があるため、口渇が強い場合は注意が必要である。

ツムラ 黄連解毒湯 エキス顆粒(医療用)
shopping ツムラ 黄連解毒湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0629 42包(2週間分) 5,235円(税込)
数量
k0757 189包(63日分) 19,703円(税込)
数量

区切り

処方名:板藍根

清熱解毒薬
板藍根顆粒
shopping 板藍根顆粒のお買物
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k1790 2g×20包 4,104円(税込)
数量

区切り


区切り線

他のサイトへのリンク

リンク弁証論治:寒湿困脾(湿困脾胃) »

リンク弁証論治:気陰両虚 »

リンク弁証論治:食滞胃脘(胃中停食) »

リンク弁証論治:心火旺(心火上炎・心炎亢盛)(ストレス) »

区切り線

食 養

食養夏バテ-目次-対応の方は、次の食材を積極的にお召し上がりください。

肉 果物 野菜 温野菜 魚

毎日の食養生で、夏の不調を癒しましょう。
夏バテを解消するには、まず身体を整えることが基本です。中医学の知恵を活かした養生法で夏の不調を取り除きましょう。
夏バテを回復する食材は、次のとおりです。
●甘味
甘味のある食材は、長夏の食養生の主役。弱くなった脾胃を補い、健やかに保ちます。
山芋、じゃがいも、かぼちゃ、きのこ類、湯葉や豆腐、卵、太刀魚、ごま、くこの実、なつめ、ぶどう、栗。
山芋 じゃが芋 かぼちゃ きのこ類 豆腐 卵 くこの実 なつめ ぶどう 栗
●酸味
酸味には「収れん」作用があり、汗や下痢などを抑えます。
梅干、あんず、ざくろ、酢、梅酒、あんず酒。
梅干し あんず 梅酒
●温性
身体を温める効果のある食材で、冷えを解消します。
良質の鶏肉、豚肉(モモ肉など赤身のある部位)、鮭、にんじん、ねぎ、にんにく、もち米、シナモン。
鶏肉 豚肉 鮭 人参 ねぎ シナモン


区切り線

暮しの養生

家事

●スポーツや家事は、朝夕の涼しい時間を活用して実行しましょう。

●身体が消耗しないように、夏の睡眠はたっぷりと取りましょう。

●お風呂につかって疲労を回復しましょう。血行促進にもなります。


区切り線

備 考

冷房

冷房に頼り過ぎず、自然な暮らしをしましょう。
昼夜を問わず暑さが続く真夏は、エアコンの冷たい風につい頼りがちです。でも、涼しさを求め過ぎると冷気で身体の陽気が奪われ、体調を崩してしまうこともあります。
家での冷房は、汗が引くまで使う、こまめに温度調節をする、風が直接当たらないようにするなど、バランスを考えて上手に使うことがポイントです。
太陽が早く顔を出すこの時期は、早起きをして朝の新鮮な空気をたっぷり吸いこむのも良いですね。朝は気温も低いので、身体を動かすのもおすすめです。ただし、睡眠不足には要注意。体力が不足しがちな夏は、睡眠で疲労を回復することが大切です。寝不足かなと感じたら、昼寝や早めの就寝で睡眠を補うようにしてください。
昼寝をしましょう


夏バテ 夏バテ
区切り線