いきいき長生き!


概 要

日本は世界でもトップクラスの長寿国です。せっかくですから、なるべく病気をせず、自分の力で元気に長生をしたいものですね。いつまでもイキイキとした毎日を送れるよう、気になる認知症の予防と対策についてご紹介いたします。

補腎と活血で、認知症を予防

年々進む高齢化社会の中で、介護の制度や施設は徐々に充実してきました。とはいえ、老後もできるだけ自分の力で生活を維持できることが理想です。特に、「認知症」は本人にとっても家族にとっても大きな負担になり、だれもが避けたいと思うのではないでしょうか。

認知症という病名は中医弁証学にはないものですが、「健忘証」「欝証」「不眠証」「呆証(判断力・思考力の低下)」など、認知障害として考え、予防・対応することができます。

このような原因は、大きく分けて4つ。まず、血の流れが滞る「痂血」の状態になると、脳への血流をさまたげることから、痴呆の症状につながります。また、腎は脳の働きと深い関わりがあるため、腎の精が不足する「腎虚」の状態になると、脳の機能低下に。そのほか、脾胃が弱く全身の気血が不足する「脾気虚」、生活上の圧力などが原因で気が滞る「肝欝」の状態も、認知症の原因となります。

西洋医学では大きく「脳血管性認知症(脳血流量の低下)」と「アルツハイマー型認知症(脳の委縮)」に分けられますが、「癖血」や「腎虚」といった原因から考えても、それぞれ活血(血行改善)、補腎の方法で予防・対応することが可能です。

少しずつ身体の機能が衰え始める中高年以降は、特に腎や肝、脾といった臓器を養うことを心がけ、認知症の予防につなげましょう。

認知症の予防法を体質(証)(証)別にチェック!

中医弁証学の考えでは、認知症は5つの体質(証)に分けられます。それぞれ症状には特徴があり、効果的な予防法も異ります。自分があてはまる体質(証)を考えて、日頃の生活から認知症の予防を心がけましょう。


治 療

①高齢化社会の到来をひかえ、脳循環代謝改善薬に期待が集まっていますが、その効果はいまだ満足のいくものではないし、副作用も無視できません。

一方、漢方薬で本症に有効なものが挙げられており、特に黄連解毒湯、釣藤散、当帰芍薬散などの効果について、詳細に報告されています。

一般的には漢方薬を使用することで精神的に落ち着き、食欲が出て精神的にも肉体的にも活気が出ることが多いです。

②本病には全身状態の低下している方が多く、このような方に漢方薬を投与すると、体力増強をはかることができます。

③痴呆症は、急ピッチで高齢化が進む日本でも他人ごとではなく、深刻な社会問題になりつつあります。脳血管性痴呆症の場合、高血圧や動脈硬化などの成人病に注意し、血栓を予防することで発症を未然におさえることができます。漢方では、冠元頼粒のような活血化瘀(血流改善)薬が最も効果的です。

一方、アルツハイマー型痴呆症の場合には、原因が不明で、治療にも決め手がないといわれています。ただ、現代医学の検査によると、脳の萎縮と極端な脳血流の低下がみられることが分かっています。

中国漢方には「腎は骨をつかさどり、髄を生じ、脳は髄の海」という言葉があり、脳の萎縮を腎の精・髄の不足(腎虚)からくるものと考えています。したがって漢方のアルツハイマー予防法は、腎の精・髄をおぎなう補腎法と、脳血流を改善する活血化瘀法の、二つの組み合わせが基本になります。

ところで先頃、米国シカゴで開催されたアルツハイマー学会で、漢方薬の薬理に関する注目すべき報告がありました。

アルツハイマー型モデルマウスに、補腎薬の参茸補血丸と冠元穎粒を組み合わせて投与したところ、記憶と関係が深いアセチルコリンの減少を防ぎ、記憶障害などの痴呆症状の進行を止めたというものです。「補腎+活血化瘀」は、古来老化防止対策にも用いられてきた方法です。この実験は中国漢方の臨床経験を裏づけるものとして、非常に興味深いです。



備 考

老後は「本物の人生」。毎日を楽しく穏やかに

認知症をはじめとするさまざまな老化現象は、年齢を重ねることでどんな人にも現れるもの。もちろん老化を止めることはできませんが、健康を保つ工夫をしたり、余裕ができた時間を楽しく過ごしたりと、自分次第で老いと上手に付き合りことはできるものです。

認知症を予防するためにも、毎日をイキイキと前向きに暮らすことはとても大切なこと。例えば、趣味や会話の時間を増やす、1日1回は笑う、といった良い刺激を与えることは認知症の予防につながります。花や緑を楽しんだり、温泉でゆっくりしたり、そんな自然との触れ合いもいいですね。

また、左右の手を交互に使って歯みがきをしたり、両手で肩をもんだりすると、脳を鍛えることができます。食事はうす味、加熱を心がけて、ゆっくりと気持ちよく食べましよう。

老化への焦燥感、不安感などで生活上のプレッシャーを溜めることは禁物です。江戸時代には、仕事をする必要がなく、自分の好きなことを存分に楽しめる老後こそ「本物の人生」と考えられていたそうです。より長生きになったわたしたちも、そんな風に楽しく元気な老後を過ごしたいものですね。