Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

舌診舌診解説:紅絳舌(深紅舌)(Crimson Tongue)
舌色が深紅であるもの。重い炎症。血行不良。深紅色。

中医学には、独自の診断法がありますが、そのなかにのひとつに「舌診」があります。舌は、臓腑経絡、気血津液、邪正状況を反映する客観的な診断指標です。

Tongue qualities were scientific measures because they were objective(客観).
I can feel it,you can feel it,so it's not subjective(主観).

紅舌より赤みはさらに鮮やかであったり、濃かったりします。深紅舌とも呼びます。紅舌と絳舌の見分けをつけにくい場合、「紅絳舌」とも呼びます。


  1. ハル薬局Home
  2. 診る(漢方)
  3. 舌診
  4. 紅絳舌(深紅舌)(Crimson Tongue)

  証(illness syndrome)

熱極 ・陰虚による虚火


  紅絳舌(深紅舌)の事例画像

次の例番号をクリックしてください。

  事例画像その1


Null

  事例画像その2


Null

  事例画像その3


Null

  事例画像その4


舌色=深紅舌、苔色=薄白苔、苔状=少苔、舌形=やや痩舌・軽い裂紋。
深紅舌・やや痩舌・裂紋・少苔は裏熱傷津の表現。
瀉火滋潤。
滋陰降火湯

  事例画像その5


舌色=深紅舌、苔色=やや黄苔、苔状=薄苔、舌形=やや痩舌、舌態=偏舌。
深紅舌・やや痩舌により腎陰虚、ために裏熱内生し黄苔を呈す。腎の陰液が肝木を滋養できず偏舌となる。
養陰清熱。
六味地黄丸、滋陰降火湯、釣藤散

  事例画像その6


Null

  事例画像その7


Null

  事例画像その8


Null

  事例画像その9


Null


  詳 細

赤い舌が、さらに赤みを帯びて色が濃くなった場合、舌の色は深紅色になります。赤い舌と同じように、からだの中に炎症などがある場合にあらわれやすい舌ですが、病態がさらに重いことを示しています。

さらに、赤い斑点や点状の突起もある場合は、炎症などの熱の勢いが強くなっています。肝炎など内臓の炎症、感染症などの発熱性疾患の長期化や悪化、皮膚などの化膿性疾患などが考えられます。熱が極まると、ふらつきやしびれ、脳の障害の危険も生じます。

また、舌が薄くやせていたり、溝ができていたりしている場合は、体液が少なくなって熱がこもっている状態です。糖尿病や脂質異常症が心配です。

舌苔が少なくて湿っぽい場合は、血行がよくない状態になっているかもしれません。慢性的な頭痛や肩こり、生理痛はありませんか。高血圧、肝炎、潰瘍、内臓の癒着などの可能性もあります。狭心症や脳血管障害も心配です。


  弁証論治(syndrome differentiation and therapy determination)

●熱証の重症

絳舌は紅舌からの変化であるため病位も深く、病状も重いことを示します。

葉天士が「其熱伝営、舌色必絳」(その熱が営に伝入すると舌色は必ず絳になる)というように、外感熱病では、紅舌が現れれば気分熱盛(気分大熱・陽明病経証)を示し、病位は気分であることを示します。

治法は、清熱生津です。
●白虎加人参湯

しかし絳舌が現れれば熱入営血*1 を示し、病位は営分・血分であることを示します。

絳舌も紅点・苫刺・裂紋の有無や、苔の有無や、さらに全身症状などによって実熱か虚熱かを見分けます。

①実熱証・熱入営血

外感熱病で絳舌か紅絳舌とともに紅点・苫刺・少津が伴えば、実熱の重症か熱邪が営血に侵入して血液を煎熟する(煮詰める)ことを示します。

治療原則は清営泄熱*2 ・涼血散於*3 です。
●黄連解毒湯

内傷雑病で絳舌か紅絳舌とともに紅点・芒刺・黄燥苔・焦黄苔を伴えば臓腑の陽熱亢盛*4 を示します。

治療原則は清熱解毒*5です。
黄連解毒湯
銀翹散

②虚熱証・陰虚火旺

外感熱病で絳舌か紅絳舌とともに舌体痩薄・顛動・少苔か無苔を伴えば熱盛劫陰*6 虚風内動粁の兆候を示します。

治療原則は滋陰*8 ・涼血*9 ・熄風*10 です。
六味丸(六味地黄丸)
知柏地黄丸
杞菊地黄丸

内傷雑病で絳舌か紅絳舌とともに裂紋・少苔・無苔を伴えば陰液き損*11 ・陰虚火旺を示します。

治療原則は滋陰降火*12 です。
滋陰降火湯

絳舌・少苔で湿潤しているものは於血*13 を示すことがあります。

絳舌は急性発熱性疾患や伝染性・化膿性疾患の重症、急・慢性炎症の重症、脱水症、慢性消耗性疾患、または肝硬変の後期、悪性腫瘍後期など、あるいは久病の病証によく現れます。

*1 熱入営血:温病の弁証法の1つ。熱邪が営分・血分に侵入すること。
*2 清営泄熱:営分の熱を取り除くこと。
*3 涼血散於:血分の熱を冷まし、於血を散らすこと。
*4 陽熱亢盛:陽熱の邪気が盛んになる状態。
*5 清熱解毒:熱を冷まし、熱毒を取り除くこと。
*6 熱盛劫陰:熱邪が元盛して陰分をおびやかすこと。
*7 虚風内動:陰虚や血虚によって風邪が体内に生じる状態。
*8 滋陰:陰を補うこと。
*9 涼血:血分の熱を冷ますこと。
*10 臆風:内風をしずめること。
*11 陰液鱈損:陰液を大いに虚損した状態。
*12 滋陰降火:陰を補い、虚火を取り除くこと。
*13 #x7600;血:血のめぐりが滞り、または古い血が体内に停留する状態。


  対応方剤(formula of drug prescriptions)

紅絳舌(深紅舌)の場合に使用される漢方方剤は、次のとおりです。

区切り

朝一番に舌をチェックし、色・形・苔を評価しましょう。 ひび割れ(裂紋)や斑点があるか否かを確かめましょう。

舌の臓腑区分

臓腑区分

病気が全身に波及している場合は、舌の全体に変化がみられます。
局部に限定している段階では、特定の臓腑区域に変化が見られます。

舌の各部
舌診の事例1
舌診の事例2

Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

食養生  食養生1

食養生

 紅絳舌(深紅舌)は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

●主菜には、すっぽん(鼈)、あわび、鴨肉、きゅうり(胡瓜)、トマト(蕃茄)を使用すると良いでしょう。

 養生法

辛味が強いからしやこしょう、にんにくや生姜(しょうが)などの薬味は控え、果物など甘味で酸性の食べ物を多くとりましょう。
また、ストレスをため込まないよう、たっぷりと睡眠をとり、早寝早起きをしましょう。



次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

枸杞の実 杏仁 葛粉

 薬味etc.

 穀類・豆類

 野菜・キノコ

トマト(蕃茄) きゅうり(胡瓜)

 果物・木の実

りんご(林檎) バナナ

 魚介・海藻

蟹 すっぽん(鼈)

 「陰」の気が不足し、身体が潤い不足になっている


陰虚体質とは、体に潤いをもたらす「陰」の気が足りず、体内の津液も少ない体質です。陰の気は年をとるごとに減るため、更年期が近い40歳以降によく見られます。寝汗をよくかき、のどや口、目が乾きやすく、血液中の水分も少なくなって、血液がドロドロになりやすいのが特徴です。秋の乾燥に弱く、咳が出たり、乾燥肌になりがちです。

体に潤いを与える、陰を補う食べものを積極的にとりましょう。十分な睡眠をとることも大切です。ストレスや疲労、喫煙なども、陰の気を減らす原因となるので注意してください。

 肉・たまご(鶏卵)・乳製品

豚肉 たまご(鶏卵)

 調味料

はちみつ(蜂蜜)

 飲 物

緑茶

 平涼寒性の食材を

「水」が不足している陰虚タイプは、身体に潤いがたりず、余計な熱がたまった状態にあります。そこで「平性」「涼性」ときには「寒性」の食材を使って、熱を払って潤いを補充する食事を心がけましょう。のぼせやほてりがあるときは、身体を冷ます平涼性の食材をとくに選んで料理します。

中国で体のほてりを鎮める代表的な食材といえば、すっぽんがあげられます。日本では、生はなかなか入手できませんが、缶詰のすっぽんスープが販売されています。また、すっぽんと同様に稀少な鴨肉やあわびも熱を冷ましてくれる食材です。陰虚の人は、ときにはこれらの食材を使った料理で「陰」を養いましょう。

また、きゅうりやトマトなどの寒涼性の野菜を生で食べると効果的です。

 野菜・果物の食材を

中国には、「甘酸化陰(かんさんかいん)」すなわち「甘味と酸味を合わせると陰分が湧いてくる」という言葉があります。この言葉の意を満たす食材がトマト、梨、レモン、メロンなど。自然のなかで育ったこれらの野菜や果実には、舌にやさしい自然の甘味と酸味が備わり、陰を補い、体を潤すはたらきがあります。陰虚の人には、ぜひ積極的にとってほしいものです。

逆に、なるべく避けたい味は「辛味」です。唐辛子、こしょうなどの香辛料や、大根、ねぎ、にんにくなどの辛み野菜は、辛味が強すぎて陰分を消耗するので、この陰虚タイプには不向きです。

 避けたい食材

●香辛料、薬味野菜など、「辛味」や「温熱性」の強い食材は控えめにしましょう。
●のぼせ、ほてりがあるときは、「温性」「熱性」の食材は避け「平性」「涼性」の食材をとりましょう。
●冷たい飲みものは避け、できるだけ温かい飲みものを飲みましょう。
●しょうが、にんにく、ねぎ、ピーマン、にらは、なるべく避けましょう。

食養生  食養生2

 紅絳舌(深紅舌)は、体質: タイプでもあります

 養生法

味の濃いもの、カロリーが高いものは控えましょう。
体の熱を取るセロリ、なす(茄子)、きゅうり(胡瓜)、とうがん(冬瓜)などの野菜を食べましょう。
食べ過ぎ、飲み過ぎに気をつけましょう。
ストレス発散は運動で汗を流すのがおすすめです。



次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

葛粉

 薬味etc.

 穀類・豆類

 野菜・キノコ

 果物・木の実

バナナ

 魚介・海藻

蟹

 ストレスなどで身体に「熱」がこもっている


ストレスや飲酒、脂肪分の多い食事などで体に熱がこもり、不調になっている体質です。ストレスにより肝がダメージを受け、この状態が続くと、脾や胃も弱くなり、心にも影響を及ぼすように。放置すると胃腸炎などの消化器系の病気や、脳卒中、心筋梗塞など循環器系の病気に陥るおそれがあります。

まずは、飲酒を控え、脂肪分の多い食事をやめましょう。涼性、寒性の野菜をたくさん食べて、体の余分な熱を取り除いたり、気の巡りをよくする食材をとるなど、食生活から見直してください。

 調味料

 飲 物

緑茶

 内熱の食材を

身体の熱を取るセロリ、なす、きゅうり、冬瓜(とうがん)などの野菜を食べましょう。食べ過ぎ、飲み過ぎに気をつけましょう。ストレスの発散は運動で汗を流しましょう。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 紅絳舌(深紅舌)は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 太谿(たいけい)

太谿(たいけい) 体に必要なうるおいである陰を、根本から補うことができるツボです。

 つぼの見つけ方

足の内くるぶしのすぐ後ろ、アキレス腱との間のくぼみにあります。

 つぼの押し方

かかとに4本の指を当て、親指でもむようにするのがおすすめです。

経穴

 「陰」の気が不足し、身体が潤い不足になっている

陰虚体質とは、体に潤いをもたらす「陰」の気が足りず、体内の津液も少ない体質です。陰の気は年をとるごとに減るため、更年期が近い40歳以降によく見られます。寝汗をよくかき、のどや口、目が乾きやすく、血液中の水分も少なくなって、血液がドロドロになりやすいのが特徴です。秋の乾燥に弱く、咳が出たり、乾燥肌になりがちです。

体に潤いを与える、陰を補う食べものを積極的にとりましょう。十分な睡眠をとることも大切です。ストレスや疲労、喫煙なども、陰の気を減らす原因となるので注意してください。

 湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん) 生命エネルギーの「精」を蓄えている腎の機能を強化し、体内の潤いを増やす作用があります。

 つぼの見つけ方

足の指を曲げたとき、足の裏にできるくぼみにあるツボです。

 つぼの押し方

両手親指をかさねて、気持ちいいと感じる程度の力で押します。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)2

 紅絳舌(深紅舌)は、体質: タイプでもあります

 合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく) 上半身の熱や余分なものの溜まりを取る作用があります。

 つぼの見つけ方

手の甲側の、親指と人差し指のまたから少し入ったところにあって、押して痛むところにあるツボです。

 つぼの押し方

押しこむようにグーッと押します。


ツボ

 百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ) 頭のてっぺん中央にある、多様な効果が期待できる重要なツボです。「気」の流れを司るおおもと的なツボです。

 つぼの見つけ方

頭頂部よりやや後方にあるくぼみです。左右の耳の先端を結んだ線と眉間を後ろに下がった線が交差する場所です。

 つぼの押し方

親指を使用してこねるように指圧しましょう。

経穴

 ストレスなどで身体に「熱」がこもっている

ストレスや飲酒、脂肪分の多い食事などで体に熱がこもり、不調になっている体質です。ストレスにより肝がダメージを受け、この状態が続くと、脾や胃も弱くなり、心にも影響を及ぼすように。放置すると胃腸炎などの消化器系の病気や、脳卒中、心筋梗塞など循環器系の病気に陥るおそれがあります。

まずは、飲酒を控え、脂肪分の多い食事をやめましょう。涼性、寒性の野菜をたくさん食べて、体の余分な熱を取り除いたり、気の巡りをよくする食材をとるなど、食生活から見直してください。

 風池(ふうち)

風池(ふうち) 頭に偏っている熱を体全身に行き渡らせ、分散させる効果があります。

 つぼの見つけ方

首の付け根、後頭部の下のくぼみから2~3cmほどの左右にあります。髪の生え際よりも少し上です。

 つぼの押し方

親指を使ってこねるように指圧しましょう。


ツボ

 天柱(てんちゅう)

天柱(てんちゅう) 頭に偏っている熱を体全身に行き渡らせ、分散させる効果があります。

 つぼの見つけ方

天柱は風池よりも下、首を支える筋肉の外側にあるツボです。

 つぼの押し方

親指を使ってこねるように指圧しましょう。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 紅絳舌(深紅舌)は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

中医学では、昼は「陽」、夜は「陰」の時間帯といいます。十分に寝て陰を養うための夜間に起きて活動していると、陰分は消耗する一方です。

また、辛みが強い酒やたばこをとりすぎると、熱が生じてのどが渇き、やはり陰分が消耗します。

そこで、陰虚の人は、夜型生活であるならそれをやめて少なくとも午前0時前に寝ることが必要です。そして酒やたばこを控えることを真っ先に心がけてほしいものです。

水分補給

 汗のかきすぎには注意しましょう

健康のために適度に汗をかくのはよいことなのですが、「陰」不足の人は汗をかきやすい体質のため、ますます「陰」が消耗され、体調をくずすもとになります。このタイプには、炎天下でのスポーツやサウナなど、びっしょり汗をかくようなことは不向きです。

また、汗をかきすい夏は涼しい服装で、エアコンも冷えすぎない程度に利用するとよいでしょう。もちろん水分補給には充分に気をくばってください。

養生訓

 「陰」の気が不足し、身体が潤い不足になっている

陰虚体質とは、体に潤いをもたらす「陰」の気が足りず、体内の津液も少ない体質です。陰の気は年をとるごとに減るため、更年期が近い40歳以降によく見られます。寝汗をよくかき、のどや口、目が乾きやすく、血液中の水分も少なくなって、血液がドロドロになりやすいのが特徴です。秋の乾燥に弱く、咳が出たり、乾燥肌になりがちです。

体に潤いを与える、陰を補う食べものを積極的にとりましょう。十分な睡眠をとることも大切です。ストレスや疲労、喫煙なども、陰の気を減らす原因となるので注意してください。

 スポーツ利用法

適度な運動は必要ですが、汗のかきすぎには要注意です。運動後はたっぷりと水分を補給しましょう。

水中運動

 プールやアクアビクスでの水中運動がおすすめ

運動をするときには、汗のかきすぎに十分な注意が必要です。最も適しているのは、水泳やアクアビクスなどの水中運動です。

ただし、体を動かせば、水中でも汗をかくので、運動後の水分補給はお忘れなくしてください。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス2

 紅絳舌(深紅舌)は、体質: タイプでもあります

 生活環境対応

入浴

 入浴はぬるめのお湯で、上半身は温めすぎない

熱いお風呂に入ると、のぼせたり、肌が赤くなってかゆみが起こることが多いため、お風呂の温度は低めに設定するのがポイント。

上半身はほてっているのに、下半身は冷える「冷えのぼせ」がある人は、腰から下はゆっくりとお湯につかり、上がるときには、上半身だけ30~35℃くらいのぬるいシャワーを浴びましょう。足湯もよいです。下半身を温めることで、体の上部にこもった熱が下がり、気が全身にめぐります。

また、お風呂上がりにはぬるめのお茶で水分補給をして余分なほてりをクールダウンさせましょう。

養生訓

 ストレスなどで身体に「熱」がこもっている

ストレスや飲酒、脂肪分の多い食事などで体に熱がこもり、不調になっている体質です。ストレスにより肝がダメージを受け、この状態が続くと、脾や胃も弱くなり、心にも影響を及ぼすように。放置すると胃腸炎などの消化器系の病気や、脳卒中、心筋梗塞など循環器系の病気に陥るおそれがあります。

まずは、飲酒を控え、脂肪分の多い食事をやめましょう。涼性、寒性の野菜をたくさん食べて、体の余分な熱を取り除いたり、気の巡りをよくする食材をとるなど、食生活から見直してください。

 スポーツ利用法

テニス

 適度な運動を習慣に

陰虚タイプのほてりと違い、内熱タイプは、熱を発散させるためにもジョギングやテニスなどの運動もOKです。たまに一日がんばるのではなく、毎日の習慣にしましょう。

ただ熱が上にのぼるので興奮しやすく、本当は疲れていても気持ちでは疲れていない、体力が合って元気だと思いがち。あまりがんばりすぎないよう、意識してブレーキをかけたほうがよいでしょう。

TOP