Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

舌診舌診解説:淡紅舌(Pink Tongue)
正常な血色!

中医学には、独自の診断法がありますが、そのなかにのひとつに「舌診」があります。舌は、臓腑経絡、気血津液、邪正状況を反映する客観的な診断指標です。

Tongue qualities were scientific measures because they were objective(客観).
I can feel it,you can feel it,so it's not subjective(主観).

舌の本体の色が淡紅(Pink)の方の場合です。淡紅舌・薄白苔は、正常な健康体です。


  1. ハル薬局Home
  2. 診る(漢方)
  3. 舌診
  4. 淡紅舌(Pink Tongue)

  証(illness syndrome)

正常 ・表証 ・軽い熱証


  淡紅舌の事例画像

次の例番号をクリックしてください。

  事例画像その1


舌色=淡紅舌、苔色=薄白苔、苔状=薄苔、舌形=正常。
淡紅舌・薄白苔は正常舌の表現、疾病状態であってもこの舌診所見を呈していれば、その病状は軽く病位も浅い。
解表達邪。
荊芥連翹湯、辛夷清肺湯

  事例画像その2


ピンクは、舌体の標準の色です。

  事例画像その3


舌質がやや淡白で、舌苔がやや黄色です。


  詳 細

舌質の色(舌本体の色)は、薄いピンク色で、舌体は、ほどよい大きさで自在に柔軟に動かすことができます。

舌苔は、薄く、白色で、均等におおわれており、適度にうるおっています。苔はふいても取れません。

これは、臓腑機能・気血津液が正常で邪気がないことを示しています。

薄いピンク色。


  弁証論治(syndrome differentiation and therapy determination)

①健康な方

臓胴気血が充実していることを示す。薄いピンク色の淡紅舌は健康な子供や少年によくみられますが、中年以後、舌色が次第に濃くなるため、やや濃いピンク色になります。

②表証* の初期

邪気が侵入したばかりで、気血の変化がまだ現れていないです。



* 表証:外感熱病の発病初期、邪は体表にあり、悪寒・発熱・浮脈などの症状が現れる病態。


  対応方剤(formula of drug prescriptions)

淡紅舌の場合に使用される漢方方剤は、次のとおりです。

区切り

朝一番に舌をチェックし、色・形・苔を評価しましょう。 ひび割れ(裂紋)や斑点があるか否かを確かめましょう。

舌の臓腑区分

臓腑区分

病気が全身に波及している場合は、舌の全体に変化がみられます。
局部に限定している段階では、特定の臓腑区域に変化が見られます。

舌の各部
舌診の事例1
舌診の事例2

Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

TOP