Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

舌診舌診解説:嫩舌(Tender Tongue)

中医学には、独自の診断法がありますが、そのなかにのひとつに「舌診」があります。舌は、臓腑経絡、気血津液、邪正状況を反映する客観的な診断指標です。

Tongue qualities were scientific measures because they were objective(客観).
I can feel it,you can feel it,so it's not subjective(主観).

嫩(どん)は柔らかい・若々しいという意味があります。舌の紋理はきめが細かく、舌色は淡く、舌体は腫れぼったくてしっとりと潤いがあり、柔らかい感じがするものです。乳児の柔らかな頬のように見えるため、「嫩舌」と呼ばれます。


  1. ハル薬局Home
  2. 診る(漢方)
  3. 舌診
  4. 嫩舌(Tender Tongue)

  証(illness syndrome)

虚証


  嫩舌の事例画像

次の例番号をクリックしてください。

  事例画像その1


舌の溝は、デリケート、繊細で、スムーズです。
舌の色は、明るいです。
虚証

  事例画像その2


舌の紋理はきめが細かく、舌色は淡く、舌体は腫れぼったくてしっとりと潤いがあり、柔らかい感じです。
虚証

  事例画像その3


舌の粘膜は細かく乳頭がぼんやりと見えます。舌体は柔らかくてやや肥えています。舌の表面は潤ってみずみずしく、苔は薄くてきれいな状態です。この舌の色は赤くなく、気血両虚の病症です。


  詳 細

人が病気になるのは、大きく分けてふたつの要因があります。ひとつは、抵抗力や免疫力など、体力が低下しているために病気になってしまう場合。そして、もうひとつは、病気の勢いが強いために病気になってしまう場合です。

舌の表面がしっとりしていて、きめ細かく、全体がやわらかい感じのときは、前者の場合です。抵抗力や免疫力が落ちているために病気になっています。元気がなく、疲れやすく、気力に欠けていることでしょう。がんなどを含め、長期化する病気に気をつけてください。

この舌の場合のように、体力が落ちているために病気になっているときは、病気を取り除くことよりも体力を補うことのほうを優先します。免疫力や抵抗力が不足した状態のままでは、病気が悪化したり、ほかの病気にかかったりしないか心配です。


  弁証論治(syndrome differentiation and therapy determination)

●虚証

正気虚弱・臓腑機能低下を示します。

治療は扶正補虚* を優先します。
●生脈散

* 扶正補虚:正気を高め、虚を補うことです。


  対応方剤(formula of drug prescriptions)

嫩舌の場合に使用される漢方方剤は、次のとおりです。

区切り

朝一番に舌をチェックし、色・形・苔を評価しましょう。 ひび割れ(裂紋)や斑点があるか否かを確かめましょう。

舌の臓腑区分

臓腑区分

病気が全身に波及している場合は、舌の全体に変化がみられます。
局部に限定している段階では、特定の臓腑区域に変化が見られます。

舌の各部
舌診の事例1
舌診の事例2

Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

食養生  食養生1

食養生

 嫩舌は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

●主食には、雑穀入りのご飯にしましょう。海藻、きのこ、根菜を使用すると良いでしょう。

 養生法

水分をとり過ぎないようにし、利尿作用の高いとうもろこしなどの食材を食事に取り入れましょう。
体を温める食材もおすすめです。
階段の昇り降りや自転車こぎなどの運動で、汗をかく習慣をつけましょう。



次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

陳皮

 薬味etc.

 穀類・豆類

 野菜・キノコ

なす(茄子)

 果物・木の実

 魚介・海藻

さんま(秋刀魚)

 「水」の代謝が悪くなって、身体内に水分(津液)が溜まっている


津液の代謝が悪くて、体内に水分がたまった体質です。水分の代謝には脾、肺、腎臓が関係していますが、とくに腎臓の働きが低下していると、水分が体にたまりやすくなってしまいます。また、肺と脾に異常があると、むくみや喘息などの症状も現れてきます。

脾、肺、腎の働きを正常にするために、気を巡らす作用のある食材をとりましょう。さらに利尿作用のある食材で不要な水分を体外に排出します。この体質の人は冷え症の場合が多いので、体を温めるものをとり、運動をして代謝を上げましょう。

 調味料

 飲 物

コーヒー(珈琲)

 薬膳茶

 食物繊維たっぷりの食材を

痰湿タイプの人には、便通や排尿をよくする食物を使い、脂肪や水分の排泄を促して、体にたまった「痰湿」を取り除くことが肝心です。その役割を果たす食物が、食物繊維に富んだ玄米、麦、雑穀、海藻、きのこ、根菜です。

食物繊維は、人間の消化酵素では消化されにくい食品中成分の総称です。腸内で老廃物や水分を吸収し、便として体外に排出するはたらきがあります。また食物繊維が多い食物は、よく噛まなくては食べられない食品が多く、過度な食欲と食べすぎを抑えてくれます。肥満予防、高脂血症や動脈硬化の予防、整腸作用など、痰湿の症状を予防しととのえるのにぴったりのはたらきをしてくれるのです。

逆に、気になるコレステロールを増やす食物は、肉、脂っぽい食物、甘い食物です。痰湿タイプの人はなるべく控えましょう。

 む<みが強い痰湿の食材を

中医学では、のどが渇いて水が飲みたくなったときに飲めば十分に必要量を摂取できるとされていますが、最近は水のペットボトルを携帯して暇さえあれば水を飲む人がいます。しかし痰湿ならそれはタブーです。飲みすぎる傾向が強い痰湿は、逆に抑えぎみの飲水が適量でしょう。

また水分や糖分を多量に含む果物も、とりすぎると、むくみの原因になります。一日に1個ぐらいにしましょう。

おすすめの食性・食味は、「平温涼性」と「甘味」「辛味」「鹸味」です。身体に熱がこもる熱タイプの痰湿は、冬瓜(とうがん)、緑豆、緑豆春雨などの涼性の食材で熱を冷ましましょう。

 避けたい食材

●肉類、たまご(鶏卵)の黄身、魚卵、脂っぽいもの、甘いもの(ケーキ類 etc.)、味の濃いものは避けましょう。
●炭酸飲料、水分(とくに冷たい飲みもの)、酒類は控えめにしましょう。
●チョコレート、生クリームは控えめにしましょう。

食養生  食養生2

 嫩舌は、体質: タイプでもあります

●主菜には、ただちに「陽気」を養ってくれる羊肉、鶏肉などに、スパイスを使用して身体を温めると良いでしょう。

 養生法

身体を温める「生姜(しょうが)」や「シナモン(桂皮)」などを積極的にとり、身体を冷やすものは避けましょう。
冷たい食べ物はできるだけあたためて食べましょう。
日光を浴びて散歩すると、陽の気が高まるので良いです。



次の食材を積極的にご利用ください。

 薬味etc.

 野菜・キノコ

 果物・木の実

 魚介・海藻

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている


身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 肉・たまご(鶏卵)・乳製品

牛肉 鶏肉(とりにく) 羊肉

 調味料

 飲 物

 陽虚体質とは?

身体を温める「陽気」が不足している「陽虚体質」は、手足が冷たく寒がりで、全身の冷えが特徴です。

冷えの中心が腎にあると、頻尿や膝腰の冷えが顕著になり、脾にあると、お腹が冷えて下痢しやすくなります。「気虚体質」が冷えを受けてこの体質になると、「気虚」「陽虚」2つの体質を持ち合わせることになります。

 陽虚体質の食材

この体質は、季節を問わず身体を冷やさないことが大切です。夏でも上着を用意して、足腰やお腹を冷やさないようにします。

身体を冷やしやすい「寒性」の食材は控え、陽気が補われやすいように「辛味」の食材と「甘味」の食材をいっしょに摂りましょう。熱かんなど、身体を温めやすいお酒なら、適度な飲酒も問題ありません。

 避けたい食材

●身体を冷やす「寒性」、「涼性」の食材や、緑茶などの「苦味」の食材の摂り過ぎに注意しましょう。
●にがうり、セロリ、トマト、なす、すいかなどは、なるべく避けましょう。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 嫩舌は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 陰陵泉(いんりょうせん)

陰陵泉(いんりょうせん) 水分代謝を高めて、むくみを取る働きがあります。

 つぼの見つけ方

ひざの内側にあるツボです。くるぶしから手を上に滑らせ、親指が止まったところです。

 つぼの押し方

少し強めに押したり、さすったりして刺激してください。


ツボ

 豊隆(ほうりゅう)

身体に滞った老廃物を出す作用があります。

 つぼの見つけ方

外くるぶしと膝の中間にあるツボです。

 つぼの押し方

左右の親指を重ねて少し強く押してください。

経穴

 「水」の代謝が悪くなって、身体内に水分(津液)が溜まっている

津液の代謝が悪くて、体内に水分がたまった体質です。水分の代謝には脾、肺、腎臓が関係していますが、とくに腎臓の働きが低下していると、水分が身体にたまりやすくなってしまいます。また、肺と脾に異常があると、むくみや喘息などの症状も現れてきます。

脾、肺、腎の働きを正常にするために、気を巡らす作用のある食材をとりましょう。さらに利尿作用のある食材で不要な水分を体外に排出します。この体質の人は冷え症の場合が多いので、体を温めるものをとり、運動をして代謝を上げましょう。

 中カン(ちゅうかん)

中カン(ちゅうかん) 胃腸の機能を高め、代謝アップの要となるツボです。

 つぼの見つけ方

みぞおちとおへその真ん中にあります。

 つぼの押し方

両手のひらを重ねてゆっくり押してください。


ツボ

 太白(たいはく)

太白(たいはく) 消化器の既往を助け、水分代謝をよくするツボです。

 つぼの見つけ方

足の親指の根元にある骨のすぐ後ろにあるくぼみです。

 つぼの押し方

指先で強めに刺激します。


ツボ

 足三里(あしさんり)

足三里(あしさんり) 元気を生み出すツボとして有名です。胃腸の調子を整える作用もあるので、胃もたれしやすいときも良いです。

 つぼの見つけ方

ひざの皿の外側にあるくぼみから中指4本分下にあるツボです。

 つぼの押し方

かるくもんだり、温かいシャワーを当てて刺激すると気持ちよいです。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)2

 嫩舌は、体質: タイプでもあります

 腎兪(じんゆ)

腎兪(じんゆ) 身体の根本である「腎」の働きをよくします。腰痛や生理痛にも効果があります。

 つぼの見つけ方

骨盤の上端を背中側で結ぶ線と背骨が交わるところから、脊椎の骨2つ分上で、脊椎から左右約3cmずつ外側にあるツボです。

 つぼの押し方

両手を腰にあて、親指でゆっくり指圧します。また使い捨てカイロを貼ったり、シャワーを当てて温めると効果大です。

経穴

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている

身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 関元(かんげん)

関元(かんげん) 体を温める原動力を高めます。

 つぼの見つけ方

お臍(へそ)から指4本分下。

 つぼの押し方

強く押さずに、手の平や指全体でマッサージしたり、カイロで温めるのも良いです。


ツボ

 太谿(たいけい)

太谿(たいけい) 体の根本である「腎」を強くするツボです。からだを温める力を高めます。

 つぼの見つけ方

内くるぶしのすぐ後ろ、アキレス腱との間のくぼみにあります。

 つぼの押し方

かかとに4本の指を当て、親指でもむようにするのがおすすめです。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 嫩舌は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

食べすぎや運動不足の傾向があり、太りぎみの人は、痰と呼ばれる余分なものが体内にたまって、体内の気と血の巡りが悪くなっています。

痰とは、西洋医学でいう過剰なコレステロールや中性脂肪のようなものです。体がだるいからと動かないでいると、疲労感が増して動きたくなくなる、という悪循環におちいります。

だるくても、がんばって体を動かしましょう。腹八分目を心がけ、肥満を解消することで、元気に活動できるようになります。

梅雨時

 気候に応じて食生活を調整する

このタイプは、湿度の高い梅雨時や夏、低気圧が近づいてきたときなどに体調を崩しやすい傾向があります。体が重い、肩がこる、などの症状を予防するためには、湿気の多い時期や台風の季節には、特に食事に気をつけ、腹八分目を心がけることが大切です。

また、水分のとりすぎはそれだけで体調を崩す原因になるので、しょっぱいものは控えて、のどの渇きを予防するようにしましょう。

養生訓

 「水」の代謝が悪くなって、身体内に水分(津液)が溜まっている

津液の代謝が悪くて、体内に水分がたまった体質です。水分の代謝には脾、肺、腎臓が関係していますが、とくに腎臓の働きが低下していると、水分が身体にたまりやすくなってしまいます。また、肺と脾に異常があると、むくみや喘息などの症状も現れてきます。

脾、肺、腎の働きを正常にするために、気を巡らす作用のある食材をとりましょう。さらに利尿作用のある食材で不要な水分を体外に排出します。この体質の人は冷え症の場合が多いので、体を温めるものをとり、運動をして代謝を上げましょう。

 スポーツ利用法

階段歩行

 入浴とちょっとした運動を毎日の習慣に

発汗は、身体に溜まったよぶんな水分や老廃物を出す有効な手段です。

できれば、じわりと汗をかくようなスポーツがよいのですが、時間がない場合には、エスカレーターはやめて階段を使う、夕食の後に散歩をする、家でも簡単にできるダンベル体操を続けるなど、毎日の空き時間を利用した運動をしましょう。

そして、夜はゆっくりお風呂につかり、たっぷりと汗をかくようにしましょう。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス2

 嫩舌は、体質: タイプでもあります

 生活環境対応

 身体を冷やさない生活環境を整える

まず、服装にはいつも気を配ることが大切です。

冬ならちょっとした外出でもマフラーと手袋を忘れずにお出かけください。

夏は、冷房がきいた場所と炎天下を行き来すると、血管がそのたびに収縮と拡張を繰り返して、血のめぐりが悪くなる原因になるため、はおりものをバッグに忍ばせて、こまめに服装を調節することを心がけて。

「寒い」と感じる前に着るのがコツです。

また、冷えが体内に入り込みやすいおなか、腰、足首、かかとは、どんな季節でもしっかりガードするようにしましょう。

そして、入浴はシャワーですませず、できるだけゆっくりと湯船につかる習慣を身につけましょう。

養生訓

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている

身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 スポーツ利用法

ウォーキング

 運動で体を温め、筋力もアップさせる

身体を動かさないでいると、熱の産生源でもある筋肉を衰えさせ、ますます冷えやすい身体になってしまいます。冷え性を治すためにも、血のめぐりをよくするためにも、適度な運動は必要です。

長続きさせるために、自分が楽しめるようなスポーツを選びましょう。

ただし、水泳や水中運動は避けてください。水温がそれほど低くなくても、水には身体の熱を奪う性質があるからです。

TOP