知る(漢方)Menu
野菜類Menu                             
タマネギ・トマト・カボチャ・人参・大根等…

→野菜類Menu

野菜は五臓を活性化させるもので、身体の体調を整えるのに欠かせませんよ!。野菜には身体にスムーズな通り道を作り、巡らせる役割があります。大切なことは、季節に合わせて自分の体質に合わせて取り入れることです。

果実類Menu                             
いちご・バナナ・桃・サクランボ・パイナップル等…

→果実類Menu

果実は五臓の働きを助けます。果実は生のままで気軽に食べられ、ビタミン類を補給したり、身体の調子を整えることができますよ!。水分を豊富に含んでいるので、身体を潤す効果も高いですよ!。

穀類Menu                             
米・そば・麦・大豆・豆腐等…

→穀類Menu

穀類は薬膳の中心的役割を果たす食材ですよ!。穀類は栄養を身体全体に運び、消化吸収を促し、元気を作り出す脾の働きを助ける食材が多いことです。五味が甘味なのも、特徴ですよ!。

香辛料ハーブMenu                             
にんにく・生姜・紫蘇・ごま・ミント・シナモン等…

→香辛料ハーブMenu

香辛料ハーブの働きは、特有の香りで食欲を増進させてくれることですよ!。胃液の分泌を促して、消化不良を改善し、胃を健康にする役割も!。少量で料理の味や香りを引き立て、おいしくしてくれるうえ、塩分のとり過ぎを防ぐこともできます。

魚介類Menu                             
青魚・貝・えび・かに・いか・たこ・海藻

→魚介類Menu

海の魚がよく食べられていて、特に青魚は、脳を活性化させるDHAや、血液をサラサラにするEPAを含み、栄養学的に優れた食品ですよ!。貝には体の余分な熱を取ったり、身体を潤す働きがあります。殻にも薬効があるものが多く、漢方の生薬として使われています。また、えびやかに、いか、たこなどは、コレステロール値を下げる作用があるタウリンが豊富ですよ!。海藻は腎を補い、老化を予防するミネラルの宝庫です。

肉卵乳類Menu                             
肉・卵・乳

→肉卵乳類Menu

薬膳では肉類は五臓を補い、精をつけるものです。身体に力とエネルギーを与えてくれます。卵は大切な栄養食品ですよ!。普通の鶏の卵以外にも、烏骨鶏やウズラ、アヒルの卵もよく使われます。乳製品は、肌や粘膜に潤いを与える食材で、美容や老化防止に欠かせませんよ!。

調味料Menu                             
砂糖・塩・酢・しょうゆ・みそ

→調味料Menu

黒砂糖は体を温め、氷砂糖は体を冷やすというまったく別の性質があるので、体調や季節に合わせて使い分けます。甘味をつける調味料としては、身体を潤すはちみつもよく使われますよ!。塩、しょうゆ、みそにも、それぞれ薬効がありますが、とり過ぎは、塩分過多になり、体に害を与えてしまいます。使う量に注意して、素材の旨味を引き出しましょうね!。酢は中国では黒酢が主ですが、日本の米酢にも血をきれいにする働きがあります。

飲料Menu                             
コーヒー・ココア・茶・酒等…

→飲料Menu

●酒は百薬の長なり、飲むは必ず適量とすべし by 食貨志
●過飲は胃を敗り胆を傷リ、心を喪ぼし寿を損ない、甚だしければ則ち腸黒く胃腐りて死す by 李時珍

生薬Menu                             
枸杞・陳皮・葛・杏仁・山査子等…

→生薬Menu

生薬とは植物を中心に自然のものから作られた薬のことですよ!。生薬のいちばん手軽な利用法は、10分程度水で煮出して、その汁を飲むことです。漢方では煮出すことを煎じるといい、これは基本的な利用法です。生薬を使わなくても、薬膳は作ることができます。普段食べている野菜や魚、肉などの食材もすべて、身体にとって薬となる「食薬」といえます。生薬を使えば、薬膳の効果がより実感できますよ!。