老化が進む


概 要

様々な老化現象は、腎陽虚が原因に

「老化の進み方の差は、腎虚の進み方の差」と中医弁証学では考えられています。それは、腎は生命を維持するエネルギー源「精」の貯蔵庫となっているからです。

腎の機能が低下すると、骨や歯がもろくなる、排尿がうまくいかない、といったさまざまな老化現象が現れます。

認知症もその一つ。「腎は精を蔵し、精は髄を生み、髄が脳を維持している」と考えられているため、腎虚により精が不足すると脳髄も空虚になり、記憶に障害が現れるのです。

このように、認知症に限らず老化現象を予防するためには、腎を養う「補腎」、精を増やす「益精」が大切です。老化をなるべく穏やかにして元気な身体で老後を過ごすよう、日頃からの対応を心がけてください。


証:腎陽虚の説明へ

主症状

健忘、腰痛、めまい、聴力の減退、脱毛、歯が弱い、夜間の頻尿


治 療

①高齢化社会の到来をひかえ、脳循環代謝改善薬に期待が集まっていますが、その効果はいまだ満足のいくものではないし、副作用も無視できません。

一方、漢方薬で本症に有効なものが挙げられており、特に黄連解毒湯、釣藤散、当帰芍薬散などの効果について、詳細に報告されています。

一般的には漢方薬を使用することで精神的に落ち着き、食欲が出て精神的にも肉体的にも活気が出ることが多いです。

②本病には全身状態の低下している方が多く、このような方に漢方薬を投与すると、体力増強をはかることができます。


治療原則

補腎助陽


使用漢方薬

次の漢方薬が、認知症・腎陽虚・に対してよく効く可能性が高いです。

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ

処方名:八味地黄丸

八味地黄丸 本証に対する基本方剤。
shopping ツムラ 八味地黄丸 エキス顆粒(医療用)のお買物
規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

処方名:八味地黄丸 合 六君子湯

八味地黄丸 合 六君子湯 胃の弱い方。

処方名:真武湯

真武湯 新陳代謝が低下し、寒がり、泥状便や下痢などがある方。
shopping ツムラ 真武湯 エキス顆粒(医療用)のお買物
規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
42包(2週間分) 2,642円(税込)
数量
189包(63日分) 11,385円(税込)
数量

処方名:牛車腎気丸

牛車腎気丸 下肢の浮腫やしびれ感のある方。
shopping ツムラ 牛車腎気丸 エキス顆粒(医療用)のお買物
規 格 税込価格 数 量 カゴに入れる↓
42包(2週間分) 4,151円(税込)
数量
189包(63日分) 16,319円(税込)
数量


舌 質

暗淡


暗淡

舌 苔

薄白苔


薄白苔

脈 診

細弱 細弱


食 養

食養認知症-腎陽虚-対応の方は、次の食材を積極的にお召し上がりください。

肉 果物 野菜 温野菜 魚

味のしっかりしたもの、動物性のものなど、補腎の効果のある食べ物を摂るようにしましょう。
●きのこ類
●クコの実
●白きくらげ
●にら
●くるみ
●スッポン
●黒ごま
●松の実
●うなぎ
●霊芝茶


暮しの養生

1.良い刺激を与えましょう

  • 趣味・会話を増やしましょう
  • 一日一回笑いましょうね!
  • 清潔・快適・過ごしやすい環境を作りましょう

2.頭を鍛えましょう

  • 両手で歯を磨きましょう(左右のバランスを保つため)
  • 両手で肩を操みましょうね!
  • 髪の毛を杭かしましょう(一日100回、頭皮を刺激する)
  • 歯を噛み合わせましょう(一日30回、骨・腎を強める)

3.飲食を調節しましょう

  • 淡食(薄味の食事をしましょう)
  • 慢食(ゆっくり食べましょう)
  • 熟食(火を通した料理を中心にしましょう)
  • 暖食(温かい料理を食べましょう)
  • 暢食(気持ちよく食べましょう)
  • 清食(衛生的な食事をしましょうね!)

4.運動療法

  • 散歩(朝・食後に散歩がよいですよ!)
  • 体操(手を振る=上、腰を曲げる=中、膝を曲げる=下)
  • 労働(買物・料理・掃除などの家事はできるだけ自分でやりましょうね)

5.精神療法

  • 少欲(欲ばらない)
  • 抑目(活字やテレビ、またはいやなことを見過ぎない)
  • 静耳(騒音や雑音をさける、人の噂話に立ち入らない)

6.自然療法

  • 温泉(気血の流れをよくする)
  • 高山(高山の気は寒冷で、身体の気を消耗しない)
  • 香花(花を見る・香をかぐ・花を食べる)


備 考

老後は「本物の人生」。毎日を楽しく穏やかに

認知症をはじめとするさまざまな老化現象は、年齢を重ねることでどんな人にも現れるもの。もちろん老化を止めることはできませんが、健康を保つ工夫をしたり、余裕ができた時間を楽しく過ごしたりと、自分次第で老いと上手に付き合りことはできるものです。

認知症を予防するためにも、毎日をイキイキと前向きに暮らすことはとても大切なこと。例えば、趣味や会話の時間を増やす、1日1回は笑う、といった良い刺激を与えることは認知症の予防につながります。花や緑を楽しんだり、温泉でゆっくりしたり、そんな自然との触れ合いもいいですね。

また、左右の手を交互に使って歯みがきをしたり、両手で肩をもんだりすると、脳を鍛えることができます。食事はうす味、加熱を心がけて、ゆっくりと気持ちよく食べましよう。

老化への焦燥感、不安感などで生活上のプレッシャーを溜めることは禁物。江戸時代には、仕事をする必要がなく、自分の好きなことを存分に楽しめる老後こそ「本物の人生」と考えられていたそうです。より長生きになったわたしたちも、そんな風に楽しく元気な老後を過ごしたいものですね。

ユマニチュード(Humanitude)とは

ユマニチュード(Humanitude)は、care(ケア)をされる患者さんと、一人の人間として向き合う事から生まれる認知症care(ケア)です。実践すると、これまでコミュニケーションが上手くとれなかった患者さんと、嘘のように円滑にコミュニケーションが取れるようになることから、魔法の認知症care(ケア)と呼ばれていますね!。

創始者はイブ・ジネストとロゼット・マレスコッティという2人のフランス人で、彼らの35年の体育教師としての考え方と経験から生まれた療法です。

ユマニチュード(Humanitude)は①見る、②話しかける、③触れる、④立つ の4つの基本柱を組み合わせて行いますよ!。

①見る は同じ目線の高さか相手より下から、約20㎝の近距離で優しく目を合わせます。
②話しかける は、優しい声のトーンでcare(ケア)中も常に声をかけ続けることです。
③触れる は、包み込むように優しくゆっくりと触れることです。
④立つ は、立位でcare(ケア)するなど1日20分以上は立つ機会を持つことです。
この4本柱を基礎とした150を超えるユマニチュード(Humanitude)の技術を取り入れることで、認知症の患者さんの不安や恐怖を和らげることができますね!。

「私も同じ価値ある人間なんだ」「大切にされているんだ」と感じることで、care(ケア)者との信頼関係が強まります。その結果、無表情だった患者さんに笑顔が戻り、感謝の言葉を口にするなど、驚くべき変化が見られるのですね!。