Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

舌診舌診解説:顫動舌(Trembling Tongue)
震えが止まらない

中医学には、独自の診断法がありますが、そのなかにのひとつに「舌診」があります。舌は、臓腑経絡、気血津液、邪正状況を反映する客観的な診断指標です。

Tongue qualities were scientific measures because they were objective(客観).
I can feel it,you can feel it,so it's not subjective(主観).

舌体が震えて止まらないものです。


  1. ハル薬局Home
  2. 診る(漢方)
  3. 舌診
  4. 顫動舌(Trembling Tongue)

  証(illness syndrome)

気血両虚 ・陽虚


  詳 細

舌を出すと、ピクピクとふるえます。しびれ、めまい、ふらつき、ふるえ、頭痛、のぼせ、目の充血、動悸、イライラなどの症状もみられます。中枢神経などの神経系か、ホルモン内分泌系の失調により、急な発病や体調変化が起こりやすくなっていると思われます。

舌が赤いなら、高血圧、脳血管障害、自律神経失調症、甲状腺機能元進症などが心配です。逆に、舌が白っぽいようなら、体力の衰え、胃腸機能の低下が考えられます。疲れやすい、気力が湧かない、声が小さい、ため息が出るなどの症状はありませんか。胃炎や貧血、免疫力の低下、がんが気になります。


  弁証論治(syndrome differentiation and therapy determination)

①久病気血両虚・虚風内動

淡白舌・痩薄裂紋舌を伴うことが多いです。

②熱極生風 *1

紅舌・紅点舌・少津・黄苔・高熱を伴います。

③肝腎陰虚・肝陽化風 *2

紅緯舌・舌辺紅点・少苔剥苔無苔を伴います。



*1 熱極生風:熱が極まり内風の生じる状態。
*2 肝陽化風:肝陽が上元して内風に変化すること。



区切り

朝一番に舌をチェックし、色・形・苔を評価しましょう。 ひび割れ(裂紋)や斑点があるか否かを確かめましょう。

舌の臓腑区分

臓腑区分

病気が全身に波及している場合は、舌の全体に変化がみられます。
局部に限定している段階では、特定の臓腑区域に変化が見られます。

舌の各部
舌診の事例1
舌診の事例2

Tongue examination is one of unique exam method in traditional Chinese medicine(TCM). It is a necessary component in clinical diagnosis. Those famous doctor who lived in ancient society or live in modern society, are good at tongue-exam.

食養生  食養生1

食養生

 顫動舌は、体質: タイプです

養生法

●料理が薬(くすり)になる膳=薬膳
●薬膳=食べる方の体質に合っている食事料理
●薬膳は中華料理とは限りません。日本の日常の食材で作れます。

 養生法

味の濃いもの、カロリーが高いものは控えましょう。
体の熱を取るセロリ、なす(茄子)、きゅうり(胡瓜)、とうがん(冬瓜)などの野菜を食べましょう。
食べ過ぎ、飲み過ぎに気をつけましょう。
ストレス発散は運動で汗を流すのがおすすめです。



次の食材を積極的にご利用ください。

 漢方食材

葛粉

 薬味etc.

 穀類・豆類

 野菜・キノコ

 果物・木の実

バナナ

 魚介・海藻

蟹

 ストレスなどで身体に「熱」がこもっている


ストレスや飲酒、脂肪分の多い食事などで体に熱がこもり、不調になっている体質です。ストレスにより肝がダメージを受け、この状態が続くと、脾や胃も弱くなり、心にも影響を及ぼすように。放置すると胃腸炎などの消化器系の病気や、脳卒中、心筋梗塞など循環器系の病気に陥るおそれがあります。

まずは、飲酒を控え、脂肪分の多い食事をやめましょう。涼性、寒性の野菜をたくさん食べて、体の余分な熱を取り除いたり、気の巡りをよくする食材をとるなど、食生活から見直してください。

 調味料

 飲 物

緑茶

 内熱の食材を

身体の熱を取るセロリ、なす、きゅうり、冬瓜(とうがん)などの野菜を食べましょう。食べ過ぎ、飲み過ぎに気をつけましょう。ストレスの発散は運動で汗を流しましょう。

食養生  食養生2

 顫動舌は、体質: タイプでもあります

●主菜には、ただちに「陽気」を養ってくれる羊肉、鶏肉などに、スパイスを使用して身体を温めると良いでしょう。

 養生法

身体を温める「生姜(しょうが)」や「シナモン(桂皮)」などを積極的にとり、身体を冷やすものは避けましょう。
冷たい食べ物はできるだけあたためて食べましょう。
日光を浴びて散歩すると、陽の気が高まるので良いです。



次の食材を積極的にご利用ください。

 薬味etc.

 野菜・キノコ

 果物・木の実

 魚介・海藻

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている


身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 肉・たまご(鶏卵)・乳製品

牛肉 鶏肉(とりにく) 羊肉

 調味料

 飲 物

 陽虚体質とは?

身体を温める「陽気」が不足している「陽虚体質」は、手足が冷たく寒がりで、全身の冷えが特徴です。

冷えの中心が腎にあると、頻尿や膝腰の冷えが顕著になり、脾にあると、お腹が冷えて下痢しやすくなります。「気虚体質」が冷えを受けてこの体質になると、「気虚」「陽虚」2つの体質を持ち合わせることになります。

 陽虚体質の食材

この体質は、季節を問わず身体を冷やさないことが大切です。夏でも上着を用意して、足腰やお腹を冷やさないようにします。

身体を冷やしやすい「寒性」の食材は控え、陽気が補われやすいように「辛味」の食材と「甘味」の食材をいっしょに摂りましょう。熱かんなど、身体を温めやすいお酒なら、適度な飲酒も問題ありません。

 避けたい食材

●身体を冷やす「寒性」、「涼性」の食材や、緑茶などの「苦味」の食材の摂り過ぎに注意しましょう。
●にがうり、セロリ、トマト、なす、すいかなどは、なるべく避けましょう。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)1

 顫動舌は、体質: タイプです

ツボ(経穴)

●気になる不調を自分で手軽にケアする方法として、おすすめなのが『ツボ』(経穴)です。

数千年の歴史を持つ中医学(東洋医学)の治療法です。

WHO(世界保健機関)の主導でツボの名称統一を行うなど、最近は世界的にも関心が高まっている治療法です。

「お茶で一服する」「トイレに立つ」といったタイミングでツボを押すことを、ぜひ習慣化しましよう。その場で不調を解消できるだけでなく、病気への抵抗力や免疫力を日々、高めていくことが可能です。

 合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく) 上半身の熱や余分なものの溜まりを取る作用があります。

 つぼの見つけ方

手の甲側の、親指と人差し指のまたから少し入ったところにあって、押して痛むところにあるツボです。

 つぼの押し方

押しこむようにグーッと押します。


ツボ

 百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ) 頭のてっぺん中央にある、多様な効果が期待できる重要なツボです。「気」の流れを司るおおもと的なツボです。

 つぼの見つけ方

頭頂部よりやや後方にあるくぼみです。左右の耳の先端を結んだ線と眉間を後ろに下がった線が交差する場所です。

 つぼの押し方

親指を使用してこねるように指圧しましょう。

経穴

 ストレスなどで身体に「熱」がこもっている

ストレスや飲酒、脂肪分の多い食事などで体に熱がこもり、不調になっている体質です。ストレスにより肝がダメージを受け、この状態が続くと、脾や胃も弱くなり、心にも影響を及ぼすように。放置すると胃腸炎などの消化器系の病気や、脳卒中、心筋梗塞など循環器系の病気に陥るおそれがあります。

まずは、飲酒を控え、脂肪分の多い食事をやめましょう。涼性、寒性の野菜をたくさん食べて、体の余分な熱を取り除いたり、気の巡りをよくする食材をとるなど、食生活から見直してください。

 風池(ふうち)

風池(ふうち) 頭に偏っている熱を体全身に行き渡らせ、分散させる効果があります。

 つぼの見つけ方

首の付け根、後頭部の下のくぼみから2~3cmほどの左右にあります。髪の生え際よりも少し上です。

 つぼの押し方

親指を使ってこねるように指圧しましょう。


ツボ

 天柱(てんちゅう)

天柱(てんちゅう) 頭に偏っている熱を体全身に行き渡らせ、分散させる効果があります。

 つぼの見つけ方

天柱は風池よりも下、首を支える筋肉の外側にあるツボです。

 つぼの押し方

親指を使ってこねるように指圧しましょう。

ツボ(経穴)  ツボ(経穴)2

 顫動舌は、体質: タイプでもあります

 腎兪(じんゆ)

腎兪(じんゆ) 身体の根本である「腎」の働きをよくします。腰痛や生理痛にも効果があります。

 つぼの見つけ方

骨盤の上端を背中側で結ぶ線と背骨が交わるところから、脊椎の骨2つ分上で、脊椎から左右約3cmずつ外側にあるツボです。

 つぼの押し方

両手を腰にあて、親指でゆっくり指圧します。また使い捨てカイロを貼ったり、シャワーを当てて温めると効果大です。

経穴

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている

身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 関元(かんげん)

関元(かんげん) 体を温める原動力を高めます。

 つぼの見つけ方

お臍(へそ)から指4本分下。

 つぼの押し方

強く押さずに、手の平や指全体でマッサージしたり、カイロで温めるのも良いです。


ツボ

 太谿(たいけい)

太谿(たいけい) 体の根本である「腎」を強くするツボです。からだを温める力を高めます。

 つぼの見つけ方

内くるぶしのすぐ後ろ、アキレス腱との間のくぼみにあります。

 つぼの押し方

かかとに4本の指を当て、親指でもむようにするのがおすすめです。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス1

 顫動舌は、体質: タイプです

生活改善アドバイス

●世界の伝統医学の中でも、最も理論体系が整い、豊富な治療手段を備え、長い経験の蓄積があり、実用性の高いのが中医学(東洋医学)です。

この医学は病気の治療ばかりでなく、養生思想も内容が豊かで、病気の予防や健康増進にも活用できます。

その大きな特徴は、一人一人に合わせたやさしい眼差しで、各個人の体質を見極め、体質や体調に合った養生や生活改善を提案することです。

 生活環境対応

入浴

 入浴はぬるめのお湯で、上半身は温めすぎない

熱いお風呂に入ると、のぼせたり、肌が赤くなってかゆみが起こることが多いため、お風呂の温度は低めに設定するのがポイント。

上半身はほてっているのに、下半身は冷える「冷えのぼせ」がある人は、腰から下はゆっくりとお湯につかり、上がるときには、上半身だけ30~35℃くらいのぬるいシャワーを浴びましょう。足湯もよいです。下半身を温めることで、体の上部にこもった熱が下がり、気が全身にめぐります。

また、お風呂上がりにはぬるめのお茶で水分補給をして余分なほてりをクールダウンさせましょう。

養生訓

 ストレスなどで身体に「熱」がこもっている

ストレスや飲酒、脂肪分の多い食事などで体に熱がこもり、不調になっている体質です。ストレスにより肝がダメージを受け、この状態が続くと、脾や胃も弱くなり、心にも影響を及ぼすように。放置すると胃腸炎などの消化器系の病気や、脳卒中、心筋梗塞など循環器系の病気に陥るおそれがあります。

まずは、飲酒を控え、脂肪分の多い食事をやめましょう。涼性、寒性の野菜をたくさん食べて、体の余分な熱を取り除いたり、気の巡りをよくする食材をとるなど、食生活から見直してください。

 スポーツ利用法

テニス

 適度な運動を習慣に

陰虚タイプのほてりと違い、内熱タイプは、熱を発散させるためにもジョギングやテニスなどの運動もOKです。たまに一日がんばるのではなく、毎日の習慣にしましょう。

ただ熱が上にのぼるので興奮しやすく、本当は疲れていても気持ちでは疲れていない、体力が合って元気だと思いがち。あまりがんばりすぎないよう、意識してブレーキをかけたほうがよいでしょう。

生活改善アドバイス  生活改善アドバイス2

 顫動舌は、体質: タイプでもあります

 生活環境対応

 身体を冷やさない生活環境を整える

まず、服装にはいつも気を配ることが大切です。

冬ならちょっとした外出でもマフラーと手袋を忘れずにお出かけください。

夏は、冷房がきいた場所と炎天下を行き来すると、血管がそのたびに収縮と拡張を繰り返して、血のめぐりが悪くなる原因になるため、はおりものをバッグに忍ばせて、こまめに服装を調節することを心がけて。

「寒い」と感じる前に着るのがコツです。

また、冷えが体内に入り込みやすいおなか、腰、足首、かかとは、どんな季節でもしっかりガードするようにしましょう。

そして、入浴はシャワーですませず、できるだけゆっくりと湯船につかる習慣を身につけましょう。

養生訓

 「陽」の気が少なく、身体が冷えている

身体を温める「陽」の気が足りないのが「陽虚」です。体が冷えやすく、そのために腰や関節に痛みを感じたり、下痢をしやすいなどの症状があります。

寒さに弱くて、冬になると不調になりがちです。寝ても疲れがとれません。やる気が出ず、声に力がないといった特徴があり、体がむくんだり、尿の量が少ないといった症状も見られます。

夏場でも体を冷やさないように注意し、胃腸を冷やす生ものや冷たいもの、消化が悪い脂っこいものや高カロリーの食べ物は避けましょう。また、「塩分の控えめ」も心がけてください。

 スポーツ利用法

ウォーキング

 運動で体を温め、筋力もアップさせる

身体を動かさないでいると、熱の産生源でもある筋肉を衰えさせ、ますます冷えやすい身体になってしまいます。冷え性を治すためにも、血のめぐりをよくするためにも、適度な運動は必要です。

長続きさせるために、自分が楽しめるようなスポーツを選びましょう。

ただし、水泳や水中運動は避けてください。水温がそれほど低くなくても、水には身体の熱を奪う性質があるからです。

TOP